MINATO ART NAVI



Trivia豆知識

舞台

Back number

【舞台のそもそも】

歌舞伎舞台

最近流行りの言葉"そもそも"が気になり、舞台のそもそも話を二つほど。

歌舞伎界。皆さん"歌舞伎俳優は血筋でないなれない"とお思いでないですか?もしくは、血筋でないと"名題"になれないと思われていませんか?
名題とは歌舞伎の世界の最上位の位。明治時代までは、名題を筆頭に細かく役者の位が決まっていましたが、今は名題と名題下に分かれています。
そもそもは、血筋でない人も名題になれるしきたりです。現に、今も、坂東玉三郎、市川猿翁は血筋の役者ではありません。
言い換えると、血筋のかたは幼少の頃から歌舞伎俳優になることを余儀なくされているので、環境からして歌舞伎俳優になりやすいし、名題にもなりやすいとは言えると思います。

さて、もうひとつ、
ミュージカルもひと昔に比べたらだいぶニッポン人の市民権を得てきたようですが、そもそもミュージカルとは、「歌と踊りと芝居が融合する総合舞台"ライヴ"エンターテイメント」です。
というのも、昨今時おり演奏が録音テープの時、あるからです。人材不足だから経費節減だかを理由にテープの演奏が見受けられます。
しかし、そもそもはテープではアカンのです。生演奏で俳優が歌うから、ライヴとしての高揚感が生まれるというものです。
歌舞伎のより高いレベルも、ミュージカルのより高いレベルも、"そもそも"に一度立ち返ることで本質に近づくような気がします。


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.