MINATO ART NAVI



Trivia豆知識

音楽

Back number

【映画音楽について】

映画音楽とはその名のとおり、映画に使われる音楽のことです。
今現在、私たちを取り巻く環境では音楽を聞かない日は無いといっていいぐらい、 生活する中において、日々音楽が使われています。
その生活する環境において音楽が使われるということとは別に、映画でも音楽は使われます。
また、映画を観ている際に音楽を使わないというのは、ほぼ例外を除いて無いといえるといえます。
(ただ演出の狙いとして、映画のなかで音楽や音声をあえて使わないという映画はあります。)

20世紀前半、初期のサイレント映画においても、技術的な問題で映画に音声を入れないということでも、 映画館内で楽器奏者が音楽を演奏していました。
映画音楽の使い方で最も多く使われる方法は、 その映画のために新しい音楽を作曲家が書くことです。
私たちは「スター・ウォーズ」や「ゴジラ」から、その映画音楽の素晴らしさを知ることが出来ます。
また、別の方法としては既存の音楽を使うという方法があります。
一番有名な例としては、巨匠スタンリー・キューブリックの作品「2001年宇宙の旅」での、リヒャルト・シュトラウス『ツァラトゥストラはかく語りき』、 ヨハン・シュトラウス2世「美しく青きドナウ」などのクラシック音楽の使い方です。
私たちは映画を観ることで、まるでその映画のために書かれたかのような素晴らしい音楽の使い方を聞くことが出来ます。
今現在では、世界に存在するあらゆるジャンルの音楽を映画音楽として使うため、 その使い方に関しては、数え上げるときりがありません。
また私たちは、自分らの国の映画音楽家の仕事にも注目する必要があると思います。

早坂文雄氏、伊福部昭氏、武満徹氏をはじめとして、素晴らしい映画音楽を書いている方がたくさんいます。
ぜひ興味を持って映画を観たり、映画音楽を聞く機会を持って頂けると嬉しいです。


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.