MINATO ART NAVI



Eventイベント・展示会情報詳細

スタンディング・ポイントII アナ・メンディエタ


0

1

2

慶應義塾大学アート・センター

「自分の作品に泥や砂を使うのは、とても大切なことだと感じています。 泥や砂は、世界や大地の歴史、さらには自然の歴史について語っているからです」(アナ・メンディエタ)

 慶應義塾大学アート・センターでは2011年より毎年1回、現代美術の展示をおこなってきました。昨年からは新しいシリーズ「スタンティング・ポイント」を開始し、同時代を生きるアーティストの作品から、アートの現代社会における可能性を考えています。

 2回目となる今回は、キューバ生まれの芸術家アナ・メンディエタ(1948-85)の写真作品を紹介します。メンディエタは自然に深く身を浸し、ときには一体となりながら制作しました。さまざまな方法で自然のなかに作り出された人型は、メンディエタ自身の身体の痕跡にほかなりません。大地に深く根ざす彼女の作品は、西洋物質文明の覆う現代社会への挑戦だとみることもできるでしょう。

開催場所 慶應義塾大学アート・スペース
開催期間 2019/03/25~2019/05/24
日時補足 開館時間:12:00~18:00

土日祝日休館
※4/23(火)休館
※休館日が変更になる可能性がございますので、HPをご確認ください。
対象 どなたでもご観覧いただけます。
入場料 無料
お問い合わせ先 慶應義塾大学アート・センター
03-5427-1621

ac-tenji@adst.keio.ac.jp


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.