MINATO ART NAVI



Eventイベント・展示会情報詳細

都市のカルチュラル・ナラティヴ:地域文化資源インターンシップ 学問・文化プラットフォームとしての寺院:泉岳寺と禅の文化


0

no-photo

no-photo

慶應義塾大学アート・センター

 都市とともに歴史を重ね、現代に活動する寺院は、都市が蓄積する歴史的・文化的地層を見通す窓であり、過去から現在へと繋がる都市の物語の証言者でもあります。

 1612年に徳川家康によって創建された泉岳寺は、駒込の吉祥寺旃檀林、芝愛宕の青松寺獅子窟と並ぶ、曹洞宗の江戸三学寮に数えられ、禅の学問と文化のプラットフォームとしての役割を担ってきました。
 本講座では、この泉岳寺を舞台に、学寮の歴史や、禅の文学と造形美術に焦点をあてたガイドツアーと講演を開催し、日本文化と禅について学びます。

※ 講演は日本語で行われますが、英語での言語サポートを提供します。

開催場所 泉岳寺(〒108-0074 東京都港区高輪2-11-1)
開催期間 2018/11/18
日時 2018年11月18日(日)

1. 10:00-11:30 ガイドツアー「泉岳寺の境内にみる歴史と文化」

講師:牟田賢明(泉岳寺知客兼受処主事)/言語:日本語

2. 13:00-14:30 講演「禅宗寺院の学問と文化」

講師:堀川貴司(慶應義塾大学附属研究所 斯道文庫 教授)、牟田賢明(泉岳寺知客兼受処主事)/言語:日・英
対象・費用 参加費無料
どなたでもご参加いただけます。
※ただし、事前申込のうえ、定員超過の場合は抽選

1. ガイドツアー:定員35名
※ガイドツアーは、港区在住・在勤・在学者優先

2. 講演:定員40名
お申し込み方法 11月9日(金)までに、下記「関連URL」の申込みフォームからお申し込みください。

※抽選のため、当選者には後日連絡いたします。
関連イベント 関連展示「センチュリー文化財団寄託品展覧会 禅僧の書と書物」

2018年11月12日(月)〜12月14日(金)

第一会場:慶應義塾図書館展示室
第二会場:慶應義塾大学アート・スペース

主な出品作品:浙翁如琰墨蹟、環渓惟一墨蹟、高峰原妙頂相、渡唐天神図、宋版『物初賸語』、五山版『春秋経傳集解』、『狂雲集』沖森本ほか


詳細の日時、内容は以下をご覧ください。

http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/century2018/
お問い合わせ 慶應義塾大学アート・センター(本間・篠)
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
Tel: 03-5427-1621 Fax: 03-5427-1620
リンク


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.