MINATO ART NAVI



Eventイベント・展示会情報詳細

研究フォーラム 生成(ジェネティック)するアーカイヴ:創造の軌跡をもとめて 


0

no-photo

no-photo

慶應義塾大学アート・センター

 慶應義塾大学アート・センターは、1998年に土方巽の舞踏資料をアーカイヴとして公開して以来、ノグチ・ルーム(彫刻・建築・環境デザイン)、瀧口修造(造形・批評)、油井正一(ジャズ評論)、西脇順三郎(詩)、草月アートセンターなどの資料をアーカイヴとして構築し、国内外の研究者の拠点たるべく活動を行ってまいりました。

 芸術の創作過程を記録し探求するアーカイヴ、とりわけ20世紀以降の領域横断的な芸術活動も視野に入れたアート・アーカイヴは、過去から継承されたどのような(いまだその歴史的意味も未確定な)マテリアルを「資料」として分類・蓄積するべきなのか、その方法はどのようなものであるべきなのか、私たちは繰り返し問うてきました。それはまた結局のところ、歴史一般にまつわる学知を、どのような視点のもとに、何を根拠として見出し、いかに蓄積していくかという問題でもあるでしょう。

 当センターのアーカイヴ開設20周年にあたり、歴史が生成するとともに探求されるアーカイヴという場について見つめ直す機会として、本研究フォーラムを開催いたします。歴史学、文献学、美術史学より専門家をお迎えし、各研究分野を横断しながら、アーカイヴのあるべき姿を描き出します。

開催場所 慶應義塾大学三田キャンパス 東館8Fホール
開催期間 2018/10/26
日時 2018年10月26日(金)19:00-21:00
対象・参加費用 ・どなたでもご参加いただけます。
・参加費無料、事前申し込み必要なし
登壇者・出演者 前田富士男(中部大学客員教授・慶應義塾大学名誉教授)

粂川麻里生(慶應義塾大学アート・センター副所長・同大学文学部教授)

柳田利夫(慶應義塾大学名誉教授)

モデレーター:森下隆(慶應義塾大学アート・センター所員・土方巽アーカイヴ)

タイムテーブル 前田富士男(中部大学客員教授・慶應義塾大学名誉教授)
「近代美術における<旅>の非・神話化」

粂川麻里生(慶應義塾大学アート・センター副所長・同大学文学部教授)
「文明的統一体としての “ヨーロッパ” と文献学」

柳田利夫(慶應義塾大学名誉教授)
「アーカイヴをどこから見ているのか」

進行:森下隆(慶應義塾大学アート・センター所員・土方巽アーカイヴ)

※登壇者3名による発表(約15分)の後、討論を予定しております。
お問い合わせ 慶應義塾大学アート・センター[担当:森山・橋本]
Tel: 03-5427-1621 / Fax: 03-5427-1620
2025@art-c.keio.ac.jp
リンク


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.