MINATO ART NAVI



Eventイベント・展示会情報詳細

アート・アーカイヴ資料展 XVIII 土方巽、トリックスター/肉体の叛乱1968―2018 


0

1

2

慶應義塾大学アート・センター

 慶應義塾大学アート・センターでは、2008年に「1968年」展を開催し、土方巽の舞踏公演〈土方巽と日本人〉をめぐってアーカイヴ資料を紹介しました。限られた資料を展示するとともに、1968年10月に日本青年館で行われたこの公演が〈肉体の叛乱〉と呼称されるようになる経緯を探り、ひいてはこの舞踏公演の意味を問いかけました。

 公演に先立ち、自らを「ニホンのオドリのオリジン」と宣言した土方巽は、1965年の田代での「鎌鼬」の撮影、初の暗黒舞踏派による公演「バラ色ダンス」、高井富子舞踏公演「まんだら屋敷」などで「民俗日本」を追求してきて、満を持しての1968年の〈土方巽と日本人〉であったはずです。

 しかし、舞台に顕著だったのは「肉体」でした。「暴力」と「倒錯した性」の肉体が露呈され、日本青年館の満員の観客の歓声は、同じ年、同じ月の東京の街頭や大学構内でのシュプレヒコルと交錯したといえます。

 舞台の上の肉体は反乱したのです。しかし、土方巽の舞踏は、ただ斑状にあって、舞台上の真鍮板のように光を乱反射させただけだったのかもしれません。そして、翌69年1月、東大・安田講堂の攻防と落城。2月、磐梯熱海温泉で舞踏家の若者2人の焼死。こうして、〈肉体の叛乱〉の数カ月後に時代が変転します。

 本展では、1968年の〈肉体の叛乱〉を呈示しつつ、1970年代のダンスの構造と方法の大変革に向かう、その後の2年間の土方巽も探ります。その後の2年間の土方巽の肉体は、拐引されるようにフィルムやグラビアに集中的に収められ、「魔神」とも「悪霊」とも「呪術師」とも「奇形児の王」とも呼ばれて、異形の土方巽がメディアに氾濫したのです。土方巽自身は「犬の静脈に嫉妬する」と言って、自らを「不具者」でありたいとも述べています。はたして、土方巽は「アブジェクト(おぞましきもの)」であったのでしょうか、「トリックスター」であったのでしょうか。

 いずれにしても、〈肉体の叛乱〉から50年後の2018年に至って、土方巽の舞踏をアブジェクシオン、つまり「復活劇」として評価するかのように、二つの舞台作品が現れています。一つは、Choy Ka Faiの“UnBearableDarkness”(〈存在の耐えられない暗黒〉)であり、もう一つはAMAREYA THEATREの”DEADMAN EATING WATERMELON”(〈スイカを喰らう死者〉)です。

 本展では、映像展示と実演によって、この二つを紹介します。

「私は私の作品」と主張していた土方巽は、50年後の今日においても「文化英雄」であるのでしょうか。「土方巽」をめぐる展示がいつでもそうであるように、本展でもまた、「土方巽とは誰か」「土方巽の舞踏とは何だったのか」をめぐって再考します。

開催場所 慶應義塾大学アート・スペース
開催期間 2018/10/01~2018/11/02
日時 2018年10月1日(月)- 11月2日(金)【土・日・祝日休館】
11:00〜18:00
対象・費用 どなたでもご覧いただけます。
入場無料
関連イベント開催 ◎ [イベント1:シンポジウム]『20世紀舞踊』を検証する
【日時】10月3日(水)19:00-
【会場】旧ノグチ・ルーム(三田キャンパス南館3階)

幻の舞踊誌とされていた『20 世紀舞踊』の創刊号(1960 年7 月1 日)と第2 号(1960 年7月15 日)が池宮信夫資料から発見されました。
1960 年代のダンスの実験を主導した『20 世紀舞踊』とその時代のダンスを再考します。

報告:うらわまこと、山野博大(20 世紀舞踊の会同人)
パフォーマンス:池宮中夫ソロダンス N―叛乱の待合所

◎[イベント2:ダンス]Dance Medium & UNFIX 「曼珠沙華」~地上に咲く花、天界に咲く花~
【日時】10月4日(木)19:00-
【会場】旧ノグチ・ルーム(三田キャンパス南館3階)

振付・演出:長岡ゆり、正朔
出演:長岡ゆり、正朔、Paul Michael Henry、 Yokko、 Bob Lyness、吉崎康佑、ホンダリョウ、Mario Horenstein 他
〈天界の土方巽へのメッセージ〉

◎ [イベント3:ダンス・ジャズ]
【日時】10月5日(金)19:00-
【会場】旧ノグチ・ルーム(三田キャンパス南館3階)

Threads

演出:Rosa van Hensbergen(UK)+石本華江 舞踏:石本華江 音楽:Soosan Lolavar
助成:the Sasakawa Foundation
〈糸、系譜の系譜の土方巽〉

AMAREYA THEATRE “DEADMAN EATING WATERMELON” / アマレヤシアター「スイカを喰らう死者」

performance: Katarzyna Pastuszak, Aleksandra Sliwinska
〈ポーランドから土方巽の叛乱をapplause!!〉

立花秀輝(アルトサックス)
〈14 分34 秒のフリージャズの叛乱〉
お問い合わせ 慶應義塾大学アート・センター
Tel: 03-5427-1621
ac-tenji@adst.keio.ac.jp
画像出典 写真:「鎌鼬」より 撮影・細江英公
リンク


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.