MINATO ART NAVI



Artistアーティスト詳細情報

Integrated Dance Company響-kyo


0

1

2

2014年、車椅子を利用するダンサーを交え、多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくべく設立、社会とアートをつなぐ活動として注目を集める。これまでに招いた振付家は鈴木ユキオ、Adam Benjamin、岩淵多喜子(以上2015年)、Didier Theron、スズキ拓朗(以上2017年)、Thomas Noone、平原慎太郎(以上2018年)、実力のある国内外の7名の方々であり、今後も新たな振付家達と新たな作品を生み出していく予定である。海外ツアーとして、2017年9月に英国PlymouthとBristolの二都市で公演、大きな反響を呼ぶ。また、2018年には韓国KIADAフェスティバル招聘公演を行う他、文化庁委託事業「平成30年度/令和元年度文化庁戦略的文化創造推進事業」にて隠岐諸島での公演&ワークショップなども行っている。

★今後の予定★​
各イベント詳細はwebsite/facebookページをご覧ください。

月1開催「響と踊ろう ダンスワークショップ」
カンパニーダンサーと共に、障害のある方もない方もどなたでもご参加いただけます。

12/8(日) 「響と踊ろうワークショップ」での活動の成果発表及びカンパニー響-Kyoの作品発表。​

2/15(土)-16(日)本公演​

【お問合せ】
クリエイティブ・アート実行委員会・事務局 ミューズ・カンパニー
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5-201
TEL:03-6426-5182 
FAX:03-6426-5183
e-mail:MuseKK@aol.com

リンク









作品紹介


現在、登録されている作品はありません。
 



Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.