MINATO ART NAVI



Artistアーティスト詳細情報

井上 亨


0

1

2

Artist Statement

文学、舞踊、演劇、映画にできることが美術にはできない。美術とは視覚に頼る芸術であり、現実の表現、演出、展示による効果は美術を弱体化させる。その事象から目をそらさず、その理由を求め、正面から立ち向かう。
一方で、全ての芸術に共通する作品の構造や成り立ちがあり、芸術の共通性に関わることも求める。
芸術に不要な内容や表現を排除し、芸術としての意志を作品に変換すること。絵画に必要な表現は、ディテイルやニュアンスを超えた、容易には見えない領域で実行される。

Biography 1963年 岡山県に生まれる
1987年 武蔵野美術大学造形学部 油絵学科 卒業
個展
1994年 POSI賞展(調布画廊)
1995年 個展(なびす画廊)
グループ展
1991年 ACRYLART展(目黒区美術館)
2006年 北陸中日美術展(金沢21世紀美術館)
2016年 ShareArtAward2016(横浜赤レンガ倉庫 1号館 スペースABC)
2017年 A.R.A.2017(Azabujuban Gallery)
受賞歴
1990年 第5回ホルベイン・スカラシップ
1994年 POSI大賞
My Art Works 「詩は何だかわからないところの何かである」 ※
詩人 北園克衛の言葉だ。彼は、さらに続けている。
「現代においては、政治や宗教や社会や経済等々について、また大統領や労働者について、恋愛や喧嘩や天然現象等々についての観念的な描写や説明や批判を詩の形式で書いてみたりすることは、完全に退屈であるばかりでなく、このような人間は、現代の文学について全く関係にない頭をもっていると言ってよい。」
この考えは現代の絵画にも、全く一致する。現代の絵画が具体的な描写や説明に用いられる時、その存在価値は消滅する。しかしながら、絵画が生み出されるにあたり、全ての根拠が消滅したとは言えず、素材や道具、身体と意識から逃れることはできない。
私は、絵画のために残された、わずかながら豊かな根拠を拠り所に、目に見える領域、さらに見えない領域での絵画の在り方を模索している。その結果、観者の視覚を高め、通常であれば見えない、画面の前に拡がる空気の粒子やキャンバスの布目までが絵画の効果となり、絵画に新たな悦楽がもたらされることが見えつつある。

※「2角形の詩論 北園克衛エッセイズ」 株式会社リブロポート刊
評論家 針生一郎  ~第二回POSI賞 案内状より~ 彼は色彩を抑制し、形態を除外して、画面に連想的なイメージをつくりださない。その上で色彩、筆触、線、絵肌の総合的な組織化により、印象派以後自覚されてきた「見えない絵画」のイメージをよびおこそうとする。それが第二次大戦直後の抽象表現主義に近づくのは、偶然でしかない。
リンク









作品紹介

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9


Artnaviのホームページを機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.